ネットニュースストリート

様々な話題を取り扱うネット情報総合サイト

stinger plus stinger8

「PS Auto Sitemap」のSTINGER PLUS+及び8での導入方法

投稿日:2016年10月25日 更新日:

※2016年11月15日にSTINGERの新テーマ「STINGER8」が配布されたのに伴い、「STINGER PLUS+」の配布は終了してしまいました。それに合わせて当サイトでも既存記事内容のSTINGER8(スティンガーエイト)への対応を進めております。本ページは対応済みですのでSTINGER8をお使いの方も参考にされてください。

STINGER8対応箇所(※2016/11/21追記)

「PS Auto Sitemap」はSTINGER8でも問題なく動作しました。本記事に関してはSTINGER PLUSと作業は同じですので、同じように作業していただければ大丈夫です。

サイトマップ作成プラグイン

今回は「PS Auto Sitemap」STINGER PLUS+(スティンガープラス)へのインストール方法と設定方法の解説をいたします。
サイトマップには検索エンジン用と人間用と2つの種類があります。
以前紹介した「Google XML Sitemaps」は検索エンジン用です。
今回紹介する「PS Auto Sitemap」は人間用で、サイトマップページを作ることで、サイトを訪れた人にページ一覧を表示することが出来ますので、ユーザーにとって使いやすいウェブサイトにするためには欠かせないものです
また、巡回ロボットに対してもサイトマップページは有効だと言われています。

「PS Auto Sitemap」は最初に設定してしまえば、記事を更新するたびに自動でサイトマップに追加してくれますので、とても便利なプラグインです。
ウェブサイト運営において必須とも言えるプラグインでしょう。

「PS Auto Sitemap」のインストール

↓WordPress管理画面で「プラグイン」ページから「新規追加」をクリックします。
説明01

「プラグインを追加」ページでで右側の検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力します。
説明02

「PS Auto Sitemap」が表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。
説明03

↓インストールされたら「有効化」をクリックします。
説明04

以上でインストールと有効化は完了です。

「PS Auto Sitemap」の設定方法

それでは初期設定方法を解説していきます。
まず最初にサイトマップ用固定ページを作っておきます。
↓管理画面「固定ページ」から「新規追加」をクリックします。
説明05

↓サイトマップ用ページを作ります。
説明06・タイトルは分りやすいものにします。
・パーマリンクは「sitemaps」がおすすめです。XMLの方と被らないようにする為、最後に「s」を付けるのをお忘れなく。
・本文はお好きな内容で構いません。文の最後にサイトマップを呼び出す下記のコードを入力します。コードを入力する時は記事作成画面を「テキストモード」にするのをお忘れなく。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT —>

ここで一旦「下書きとして保存」を押して「プレビュー」を見てみましょう。
プレビュー画面のアドレスを確認してください。
↓アドレスの「id」の部分の数字を後ほど使いますのでメモしておいてください。
説明07

↓次に管理画面「設定」「PS Auto Sitemap」をクリックします。
説明08

↓設定をおこないます。
説明09・「サイトマップを表示する記事」に先ほどのページのIDを入力してください。
・その他は基本的にはデフォルトで大丈夫です。
・もし除外したいカテゴリや記事がある場合はIDをカンマ区切りで入力してください。
・キャッシュ系プラグインを導入している場合は競合する場合があるので、「キャッシュの使用」のチェックを外してください。
・「スタイルの変更」は14種類ありますので、お好みのものにしてください。下記で紹介しています
設定が完了したら「変更を保存」をクリックしてください。

あとは先ほどの固定ページの「公開」をクリックすれば完了です。
これで、記事を公開した時に自動でサイトマップに追加されるようになりました。
お疲れ様でした。

サイトマップスタイル14種紹介

スタイル14種類を画像にて紹介しますので参考にされてみてください。
説明10

↓「スタイルなし」比較的見やすいですが子カテゴリーが少し分かりにくいです。
説明11

↓「シンプル」少し小さめですがカテゴリーは分りやすいです。
説明12

↓「シンプル2」区分けがしっかり出ます。私はこれを使ってます。
説明13

↓「チェックリスト」色分けでエラーが出てますね。
説明14

↓「蛍光ペン」ちょっと派手すぎる印象ですね。
説明15

↓「ドキュメントツリー」小さめの表示ですが、見やすいとは思います。
説明16

↓「付箋」ちょっと派手な印象です。
説明17

↓「音符」それほど見にくくはないので音楽関係だといいかもですね。
説明18

↓「矢印」区切りがはっきりしてますので、割と分りやすいです。
説明19

↓「ビジネス」落ち着いた印象で見やすいタイプです。
説明20

↓「索引」少しごちゃっとしてますが見やすい方だと思います。
説明21

↓「アーバン」小さめですが、シンプルで見やすいです。
説明22

↓「アンダースコア」小さめですが区分けがはっきりして見やすいです。
説明23

↓「キューブ」可愛らしいデザインで、見やすさも大丈夫です。
説明24


<STINGER関連の記事をまとめました。↓>

STINGER8使い方まとめ
当ブログでのSTINGER8(スティンガーエイト)の使い方の記事をまとめてみました。(途中まではSTINGER PLUS+ですが、STINGER8にも対応させています。)基本的に初心者向けの使い方にな

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

-stinger plus, stinger8

Copyright© ネットニュースストリート , 2018 All Rights Reserved.