ネットニュースストリート

様々な話題を取り扱うネット情報総合サイト

pc

stinger plus stinger8

STINGER PLUSとSTINGER8におすすめのプラグイン

投稿日:2016年9月26日 更新日:


※2016年11月15日にSTINGERの新テーマ「STINGER8」が配布されたのに伴い、「STINGER PLUS+」の配布は終了してしまいました。それに合わせて当サイトでも既存記事内容のSTINGER8(スティンガーエイト)への対応を進めております。本ページは対応済みですのでSTINGER8をお使いの方も参考にされてください。

STINGER8対応箇所(※2016/11/21追記)

本記事で紹介しているプラグインは全てSTINGER8でも問題なく動作することが確認できました。本記事はSTIINGER8を使っている方も参考になるかとおもいます。また、STINGER8用にプラグインを一つ追加しました。

私がスティンガープラスで使っているプラグイン

今回はプラグインについてです。
STINGER PLUS+のウェブサイトでもお勧めのプラグインが紹介されていますが、そのリストを参考に自分なりにプラグインを導入しました。

プラグインとはウェブサイトを作成する上で色々な機能を追加できるアプリのようなものです。
SEO対策に役立てたり、記事を書く時に便利なものや、サイト構成上必要なものなどがあります。
とても便利なものなので、ついつい沢山入れたくなりますが、プラグインを導入すると相性の関係でトラブルが起きてしまうことがあります。
また、ウェブサイトが重くなってしまう可能性もあります。

基本的な考えとしてプラグインは「必要最低限」にしておくとよいでしょう。
それでは私が使っているプラグインを紹介します。

お勧めプラグイン

プラグインを超必須必須おすすめお好みでに分けています。
紹介順はアルファベット順です。

全部で31個のプラグインがあります。
最初はどれが必要かも分からないと思いますので、とりあえず全部ダウンロードされても構いません。
まずは、リストをざっと目を通してみてください。
その後、一括ダウンロードの方法を紹介しています。

・Acunetix Secure WordPress
・Akismet
・BackWPup
・Broken Link Checker
・Contact Form 7
・EWWW Image Optimizer
・Google XML Sitemaps
・Imsanity
・Limit Login Attempts
・Login Alert
・Pixabay Images
・Preserve Editor Scroll Position
・PS Auto Sitemap
・PubSubHubbub
・Rich Text Tags, Categories, and Taxonomies
・Search Regex
・Show Current Template
・Simple Colorbox
・Slim Stat Analytics
・SNS Count Cache
・TinyMCE Advanced
・VA Social Buzz
・WassUp Real Time Analytics
・WP CSV Exporter
・WP Fastest Cache
・WP Multibyte Patch
・WP Social Bookmarking Light
・AddQuicktag
Lazy Load
・Push7
・Display Widgets
・WP-PostViews

必須
<Acunetix Secure WordPress>
セキュリティチェックと対策
➡︎・「Acunetix Secure」のSTINGER PLUS+及び8での初期設定方法

超必須
<Akismet>
デフォルトで入っている。スパムコメント防止
➡︎・「Akismet」のSTINGER PLUS+及び8での設定方法

必須
<BackWPup>
バックアップ
➡︎・「BackWPUp」のSTINGER PLUS+及び8での設定方法

必須
<Broken Link Checker>
リンク切れのチェック
➡︎・「Broken Link Checker」のSTINGER PLUS+及び8の使用方法

必須
<Contact Form 7>
問い合わせページ作成
➡︎・「Contact Form7」のSTINGER PLUS+及び8での使い方

必須
<EWWW Image Optimizer>
画像縮小
➡︎・EWWW Image OptimizerのSTINGER PLUS+及び8への導入方法

超必須
<Google XML Sitemaps>
xmlサイトマップ作成
➡︎・Google XML SitemapsのSTINGER PLUS+及び8での設定方法

必須
<Imsanity>
画像自動リサイズ
➡︎・「Imsanity」のSTINGER PLUS+及び8での設定方法

おすすめ
<Limit Login Attempts>
ログインハッキング対策
➡︎・Limit Login AttemptsのSTINGER PLUS+及び8への導入方法

必須
<Login Alert>
ログインお知らせ機能
➡︎・「Login Alert」「Preserve Editor Scroll Position」「PubSubHubbub」「Show Current Template」「WP CSV Exporter」「WP Multibyte Patch」一気解説!

おすすめ
<Multi Plugin Installer>
プラグイン一括インストール。
➡︎・「Multi Plugin Installer」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

必須
<Pixabay Images>
画像素材検索
➡︎・「Pixabay Images」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

必須
<Preserve Editor Scroll Position>
記事作成時の利便性向上
➡︎・「Login Alert」「Preserve Editor Scroll Position」「PubSubHubbub」「Show Current Template」「WP CSV Exporter」「WP Multibyte Patch」一気解説!

必須
<PS Auto Sitemap>
サイトマップ作成
➡︎・「PS Auto Sitemap」のSTINGER PLUS+及び8での導入方法

超必須
<PubSubHubbub>
Googleインデックス促進
➡︎・「Login Alert」「Preserve Editor Scroll Position」「PubSubHubbub」「Show Current Template」「WP CSV Exporter」「WP Multibyte Patch」一気解説!

おすすめ
<Rich Text Tags, Categories, and Taxonomies>
カテゴリーごとに画像や文章を表示
➡︎インストールして有効化するだけで、カテゴリーやタグページを投稿記事ページのように編集できるようになります。

お好みで
<Search Regex>
記事などの文字を一括変換
➡︎・「Search Regex」のSTINGER PLUS+及び8での使用方法

お好みで
<Show Current Template>
現在のページのテンプレートを確認
➡︎・「Login Alert」「Preserve Editor Scroll Position」「PubSubHubbub」「Show Current Template」「WP CSV Exporter」「WP Multibyte Patch」一気解説!

お好みで
<Simple Colorbox>
画像のポップアップを表示
➡︎導入すると記事の画像をポップアップで表示できるようになりますが、新規タブで画像表示させることにしたので、現在は使っておりません。

おすすめ
<Slim Stat Analytics(旧名称WP SlimStat)>
アクセス解析
➡︎・「Slim Stat Analytics(旧)WP SlimStat」のSTINGER PLUS+及び8での使い方

必須
<SNS Count Cache>
SNSボタンにカウント数を表示
➡︎・「SNS Count Cache」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

必須
<TinyMCE Advanced>
記事のエディタ画面の充実化
➡︎・「TinyMCE Advanced」のSTINGER PLUS+及び8での導入方法

お好みで
<VA Social Buzz>
SNSボタン表示
➡︎・「VA Social Buzz」と「WP Social Bookmarking Light」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

おすすめ
<WassUp Real Time Analytics>
リアルタイムのアクセス解析
➡︎・「WassUp Real Time Analytics」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

お好みで
<WP CSV Exporter>
エクセルデータで記事をエクスポート
➡︎・「Login Alert」「Preserve Editor Scroll Position」「PubSubHubbub」「Show Current Template」「WP CSV Exporter」「WP Multibyte Patch」一気解説!

おすすめ
<WP Fastest Cache>
WordPress高速化
➡︎・「WP Fastest Cache」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

超必須
<WP Multibyte Patch>
デフォルトで入っている日本語表記必須プラグイン
➡︎・「Login Alert」「Preserve Editor Scroll Position」「PubSubHubbub」「Show Current Template」「WP CSV Exporter」「WP Multibyte Patch」一気解説!

お好みで
<WP Social Bookmarking Light>
SNSボタン表示
➡︎・「VA Social Buzz」と「WP Social Bookmarking Light」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

※追加
おすすめ
<Add Quicktag>
記事作成時に定型入力のタグを作成
➡︎・「AddQuicktag」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

おすすめ
<Lazy Load>
画像を遅廷読み込みしてページの高速化
>インストールして有効化するだけで、ページの表示速度を上げられます。画像を多く使用している方におすすめ。
※2017年2月7日、サイトの画像表示に不具合があるとの指摘を受けました。閲覧環境によってはストレスとなるようなので、このプラグインは外すことにしました。

お好みで
<Push7>
サイト更新情報プッシュ通知
➡︎・「Push7」を登録して「VA Social Buzz」に表示させる方法

お好みで
<Display Widgets>
アドセンス広告をカテゴリごとに表示できる
➡︎・「Display Widgets」のSTINGER PLUS+及び8での使用方法

最初に入れるプラグイン

プラグインは必要最低限と言っておきながら、けっこうな数ではありますね(汗)
31個あります。
(下記でもう1つ追加しました。)

まず一番はじめに「Multi Plugin Installer」をインストールします。
このプラグインを使うことで他のプラグインを一括でインストールできます。
➡︎・「Multi Plugin Installer」のSTINGER PLUS+及び8への導入方法

STINGER8におすすめのプラグイン

STINGER8には「人気記事」のデフォルト表示がなくなっています。そこでプラグインを使用して「人気記事」の表示を行うことにしました。STINGER8を使われている方はこちらをご参考ください。⬇︎

>>・STINGER8に人気記事を表示させる「WP-PostViews」の使い方

AmazonJSは使用してない

公式ウェブサイトで紹介されている、「AmazonJS」は使用しておりません。「AmazonJS」はアマゾンアソシエイトのリンク作成に役立つプラグインなのですが、使用しない理由はアマゾンアソシエイトの審査に通らなかったからです(涙)
アマゾンアソシエイトの審査はけっこう厳しくて通らないのですが、私の場合は「もしもアフィリエイト」経由で受かることができました。

「もしもアフィリエイト」経由だと審査に通りやすいのでお勧めです。
・もしもアフィリエイトに関して詳しくはこちら➡︎『[初心者向け]もしもアフィリエイトの登録と使用方法』

「もしもアフィリエイト」経由でも、アマゾンアソシエイトとの直接契約でも条件はほとんど変わりません。「もしもアフィリエイト」経由の場合は「AmazonJS」は必要ないので導入しておりません。

デフォルトで入っている「Hello Dolly」は必要ありません。このプラグインを有効化すると管理画面右上にHello,Dollyの歌詞がランダムに表示されるというものです。

まとめ

サイト運営に欠かせないプラグインですが、これらの導入はそれなりに重労働となります。
一つ一つ初期設定を行わなければいけないからです。
当サイトではこれらのプラグインの導入方法を説明していますので、ご参考にされてみてください。


<STINGER関連の記事をまとめました。↓>

STINGER8使い方まとめ
当ブログでのSTINGER8(スティンガーエイト)の使い方の記事をまとめてみました。(途中まではSTINGER PLUS+ですが、STINGER8にも対応させています。)基本的に初心者向けの使い方にな

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク

-stinger plus, stinger8

Copyright© ネットニュースストリート , 2018 All Rights Reserved.