ネットニュースストリート

様々な話題を取り扱うネット情報総合サイト

グーグル

収益化

2016年8月Googleアドセンスの審査が厳しくなっている?

投稿日:2016年8月28日 更新日:

アドセンス審査は昔より厳しい

皆さん、Googleアドセンスの審査ってなかなか通らないですよね。
実は私もこの記事を執筆段階でまだ審査を通っていません。(2016年8月28日段階)

このサイトとは別のサイトで申請を出しているのですが、まだ結果が出ていないのです。
これまでに4回落ちまして、今5回目の申請中です。
正直心が折れそうです(涙)

本当は審査が通った段階で記事にしようかと思ったのですが、現段階で分かったことがいくつかありますので、ちょっと整理してみたいと思います。
審査が通るのを待っていたら、時間がかかりすぎて色々忘れそうなので…(汗)

※追記:10月にようやく合格しました。下の方に最終的なポイントをまとめてますが、経緯を知りたい方はぜひ記事をお読みください。

また、こちらの記事に受かる為のポイントをまとめました→『アドセンス審査に受かる21個のコツと一番大切なこと』

ネットの情報は少し古い

まず、「アドセンス審査の通り方」のネット情報は少し古くなってるものがあるようです
検索上位に来るサイト通りにやっても通りません。
以前より審査は厳しくなってるように感じます

ネットにおおよそ書いてあるのは
500文字の記事を5記事で受かるです。
心配なら1000文字を10記事と書いてありますが、現在はこれでも通らないと思われますおそらく1000文字20記事は必要ではないでしょうか

画像を使用しないとも書いてありますが、これもライセンス等をちゃんとしていれば大丈夫なようです。
むしろ画像をちゃんと使用するよう勧める人もいます。
私の場合は画像ナシで申請してます。

その他、問い合わせページを作る等最低限基本的なことは以前と同じだと思われます。

2種類の審査を意識する

審査には2種類あるそうです。
ロボットによる審査人間による審査です。

私は4回不合格通知が来ましたので、どちらの審査で落ちたか分かるようになりました
Googleからの返信タイミングで分かります

ロボットによる審査で落ちた時は翌1〜2日で通知があります
人間による審査で落ちた時は20日ほどして通知がありました。

アドセンス審査は1週間以内で合否通知するとアナウンスされてますが、20日も待たされました。
人手不足感が伝わってきます。
しかも不合格通知でしたので非常に落胆しました(泣)

おそらくロボット審査で落ちた時は、自動ですぐに判断されて通知も早いのだと思います。
そしてロボット審査に受かったら人間審査待ちになるのだと思います。
ですが、人手不足で中々審査できずにかなり待たされる状況が生まれてると思われます。

ロボット審査を通るコツ

ロボット審査で落とされるというのは、サイトの構造上まずいものがあるということだと思います。
自動で落とされるので記事の内容ではないはずです。

私は最初このネットニュースストリート(Aとする)を申請したのですが、ロボットで落とされました
ですので、同じ構造の別サイト(Bとする)で画像無しにして申請しました。
これもロボットで落とされました

そこで申請用として別サイト(Cとする)を立ち上げました。
かなりシンプルな構造で余計なものはありません。
するとロボット審査を通ることができました
結局、人間による審査で落ちてしまいましたが、ロボット審査では余計なものがないサイトが良いようです。

次に私は画像だけ消したサイト(B)をもう少しカスタムしてもう一度申請してみました。
まずSNSのシェアボタン等を消してみました
ダメです、ロボットで落ちました。
う〜ん、分からない。。

次に、もしかしてと思い記事のサムネイル表示を消してみました。
写真は全く使ってなかったのですが、トップページにはno photo表示のサムネイルが出ていたので、それ自体を消しました。
すると・・・ビンゴ!
ロボット審査を通過したようです。
おそらくロボット審査ではSNS関係のボタンとサムネイル画像はNGなようです
理由は分かりませんが・・・。もしかしたらno photoの状態が悪かったのかもしれません。
そして現在人間の審査の結果待ちで8日ほど待っている状況です。

※後日追記 上記の考察はあまり関係なかった気がします。SNSボタンとサムネイル画像は問題ないと思われます。

人間の審査を通るコツ

これが分かれば苦労しないのですが、受かり次第またご報告しようと思います。
ただ基本的には記事の内容とボリュームではないかなと思います。

サイトの構造についてはロボットが審査してますので、人間は記事の内容を中心に見てるはずです。
私が1度人間審査で落とされたサイト(C)は、普通の日記サイトでした。

ネットの情報では普通の無難な日記を1000文字10記事で受かるとありましたので、その通りにしたのですがダメでした。
他の比較的新しいネットの情報では14記事でだめだったが20記事で合格したとの話もあります。
ですので、とにかく日常のどうでもいいことでなく、有益な事を沢山書くという方針に変えました。

オリジナルコンテンツで誹謗中傷がなく、景品法や薬事法、著作権など法律を守った内容です。
画像やリンク無しで書いてますので、中々大変ではありますがとにかくやってみてます。
ブログはどっちみち3ヶ月ほどはアクセスは集まりにくいですから、3ヶ月かけて通ればいいかなという気持ちです。

負けてもいいと思えた時に人間は意外としぶとくなりますからメンタルも折れません。(折れないはずです笑)

審査を意識しすぎずにボリュームのある良い記事を書き続けて、審査担当者に熱意が伝われば受かるんじゃないかなと思ってます。
結果それがサイトの充実にもなりますし。

9月5日追記

審査落ちてました。。
しかも今回は通知がありませんで、自分でアドセンスサイトにアクセスして分かりました。
これはキツイですね。
落ちたのはしょうがないですが、通知がないのは納得いきません。
どの時点でダメだったかが判断できませんので、対策の立てようがないのです。
とりあえず、すぐに再審査申請してみてますが、今後は毎日アドセンスサイトにアクセスして確認することにします

9月5日追記その2

審査落ちました。
今回は通知が早いですね。数時間です。
通知が早すぎてロボット審査で落ちたのかどうか判断できません。
なぜなら、前回と何も変えていないからです。
変わったのは記事数が増えたこと。

記事数が増えたことでロボット審査に落ちるとは考え難いです
コンテンツもオリジナルで有益性も高いはずです。
かなり専門的な内容ですから。
もしかしたら、いきなり人による審査まで飛んだのかもしれません。
もしくは、連続の申請は受け付けない可能性もありますね。
ネット上では一度落ちたアカウントは厳しくなるとか、何週間か間を空けないといけないとの噂もありますし。
しかしこれで6回落ちましたね(笑)
私の性格上、間は空けたくないので、またカスタムして申請してみたいと思います。

どうも一度落ちたら2週間は空けたほうがいいようです。
アドセンス審査を気にしすぎて、記事が消極的になってしまうので早く通りたいのですがしょうがないですね。

9月20日追記

前回の審査落ちから2週間たちましたので、再び申請を出しました。
申請を出した時点で1000文字以上の記事数は41です。
今回は全ての記事に画像を使用してます。
クリエイティブコモンズの画像でクレジット表記不必要のものをアイキャッチと本文中に一枚使用しています。
記事一覧にもサムネイル画像を表示しています。
また動きがありましたら報告することにします。

※さらに追記
審査に即日で落ちました。うーむ7回目です・・・笑
即日でしたので、何がいけないのかと考えたのですが、どうもPV数が大きな要因ではないかなと思います。
どうやら1日のPV数が100はいってないと厳しいようです。

ですのでPV数が伸びたらまた申請してみようと思います。

10月9日追記

ついに、一次審査通りました!嬉しいです(笑)。
前回落ちまして2週間以上空けて申請したところ、今回は即日で一次審査受かりました
即日で受かったということは、今までの審査でもう少しの所まで来ていたということでしょうか?
この辺のところはよく分かりません。

とにかく前回からの変更点は、
・記事数が58記事。
・段落の見直し。<br>タグは無くしました。
・PV数(クロール巡回数)が1日100くらい。
というところです。
記事数は元々十分だったはずです。
やはりPV数が大きいのかなと思います。あとは段落ですね。
私はこのサイトのように一文ごとに<br>タグで段を分けた方が絶対読みやすいと思うのですが、ロボットに対してはあまり良くないようで、審査に結構関係あるかもしれません。

これから広告タグを貼り付けての2次審査が始まりますので、また動きがあったらここでお知らせしたいと思います。

10月13日追記

ついに2次審査も合格しました!
2次審査は広告を貼り付けて1日で合格通知がきました。
更新が遅くなり申し訳ありませんが・・・とにかく良かったです!!
8回目でようやく合格。。承認取り消しにならないようしっかりとやっていこうと思います。

最終的に合格した時は審査時間が非常に短かったので、今までの申請内容も考慮されているものと思われます。
今まで足りてなかった部分がOKになったので、すぐに合格したのかもしれません。
逆に即日で落ちていた時はその部分だけがダメですぐ落ちていたかもですね。

では今回私が感じた審査に合格するコツをまとめておきます。
ただ、このコツはアドセンスヘルプフォーラムでエキスパートの方たちが言ってることそのままだと感じました。
また時期が経つと審査基準が変わるでしょうから、その時はアドセンスヘルプフォーラムでエキスパートの方たちの意見を参考にされるといいと思います。
・アドセンスヘルプフォーラム

それでは審査に合格するポイントです。

・独自ドメイン。
・1,000文字以上の記事を30以上。
・独自の有益性の高い記事を作る。日記などはダメ。
・記事数の少ないカテゴリをなくす。
・しっかりとしたプライバシーポリシーを作る。
・問い合わせページも充実させる。
・サイトマップなどを作り各ページへのアクセスを向上させる。
・XMLサイトマップの作成。
・記事にhタグを使い見出しをつけ読みやすくする。
・<br>タグは使わず、改行する時は<p>タグで。
・著作権に問題のない画像を適度に使う。
・動画を挿入してもよいが、権利に気をつける。
・サイトの表示速度を速くする。
・別の広告を貼らない。
・ある程度のPV数が必要。クロール巡回で1日100PVほど。
・審査期間は1ヶ月近くかかることもある。
・審査中もなるべく毎日更新する。
・一度落ちたら2週間開けて再申請する。

この辺りに気をつけてサイトを作れば合格するものと思われます。
しかし大事なことはユーザーにとって有益なコンテンツを作ることです。
それがなければ広告を貼っても結局は意味がありません。
審査に合格するまで時間はかかりませすが、訪問者数が増えてくるのにも時間がかかります。
慌てずにじっくり良いサイトを作ることが、全てにおいて大事だと感じました。

※プライバシーポリシーに関しては当サイトの「免責事項」を参考にされてください。
・免責事項
お問い合わせページに関してはこちらの記事に記述内容例を書いています。
・「Contact Form7」のSTINGER PLUS+での使い方

Amazonアソシエイト

ちなみにアドセンス同様、審査が厳しいとされるAmazonアソシエイトですが、ある方法であっさり受かりました
最初は普通に日記ブログ(C)で申請したら噂通り落ちました。審査厳しいです。
しかし、もしもアフィリエイト経由で申請したらこのサイト(A)もアドセンス申請中のサイト(B)もすんなり受かりました。

審査期間も3〜4日くらいだったと思います。
もしもアフィリエイトめちゃくちゃおすすめですね。
最近落ちてばかりでしたので、合格通過は涙が出るほど嬉しかったです(笑)
もしもアフィリエイト

>>もしもアフィリエイトの詳しい解説はこちらでしています→『[初心者向け]もしもアフィリエイトの登録と使用方法』

Amazonアソシエイトはアドセンスと違い、広告を載せる全サイトを申請しなければいけません。
(全ページではないです。ドメインが違う別サイトのことです。)
Googleアドセンスは1アカウント合格すれば複数サイトに広告を載せられます。

初心者がブログで稼ぐ為の記事作成方法を時系列でまとめました⬇︎

稼ぐブログの書き方。[開設〜半年編]
ブログを収益化するためには、どのように記事を書いたりサイトを作り上げていけばいいのでしょうか。「ブログで稼いでみたいけど、やり方がさっぱり分からない」そんな初心者の方の為にブログを開設してから、約半年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-収益化

Copyright© ネットニュースストリート , 2018 All Rights Reserved.