ネットニュースストリート

様々な話題を取り扱うネット情報総合サイト

収益化

[初心者向け]具体例で見る、ブログでの稼ぎ方はこの3つ。

投稿日:2017年2月21日 更新日:

今回は初心者向けにブログで稼ぐにはどういう方法があるかを解説していきます。
ブログで稼ぐ、つまり収益を上げるには大きく分けて3つの方法があります。
まずは、3つの違いをしっかり理解して、ブログの収益化を目指しましょう。

ブログの基礎シリーズでは長い説明や他のページを読む必要もありますが、一度で理解する必要はありません。理解するまでは難しい題材ですが、何度も実践と勉強を繰り返して会得すべきことですので頑張りましょう。ここで頑張れるかが、成果の可否を握っています。

ブログで稼ぐことの定義

そもそもブログで稼ぐとはどういうことでしょうか?
ここでは「ブログで自分の好きなことや興味のある事を発信しながら、収益化も図る」ことと定義します。

つまり「ブログで楽しみながら稼ぐ」ということです。
例えば、腕時計が好きであれば、腕時計に関するブログをやりながら、そのブログにお金が入ってくるという仕組みです。
腕時計のブログを始めれば、自分はさらに腕時計に詳しくなり、しかも腕時計好きの仲間が増えていくということが考えられます。

自分の楽しいことをしていて、さらにお金まで入ってくるとなれば、こんないい事はありません。
しかし、ブログではそれが可能なのです。
可能な時代が今やって来ているのです。

しかし、ただ腕時計の記事を書いていただけでは収益化は出来ません。
ちゃんと収益化する方法を取らないといけません。
では、ブログを収益化する方法を見ていきましょう。

腕時計

ブログで稼ぐ3つの方法

ブログで稼ぐには下記の3つの方法があります。

・広告収入(Googleアドセンス)
・アフィリエイト
・コンテンツ販売

上記以外に、良く挙げられる「ブログライター」は外しております。

ブログライターとは1記事いくらという風に、他者のブログ記事の代行執筆で稼ぐ方法です。
この方法は確実な収益とはなるものの、稼ぎは少ないうえに自分の好きな内容では書けませんので、「ブログ」というジャンルで考えた場合はあまりお勧めは出来ません。

また、せっかく書いた記事も自分のものではありません。
ブログ記事は自分の財産とも言える大事なものです。
「ブログで自分の好きなことや興味のある事を発信しながら、収益化も図る」という定義からは外れるので、ブログライターは入れておりません。

・広告収入(Googleアドセンス)

広告収入とは、自分のブログに他社の広告を載せることで得られる収入です。
ただ、企業が広告を載せたいと思うほどの人気サイトにするには大変な苦労があります。
そこで、ほとんどの人が活用しているのが「Google Adsense(グーグルアドセンス)」です。

GoogleアドセンスとはGoogleが展開している広告ツールで、ユーザーが興味のある広告を自動で表示してくれるシステムです。
ネットで何かを調べた後、その事についての広告が良く表示されることがありませんか?

賃貸について調べたら、その後色んな所で賃貸物件の広告が表示されたりするアレです。
あれがGoogleアドセンスで、グーグルが集めたデータを元に広告を表示しているのです。

Googleアドセンスは審査に合格さえすれば、サイトに設置することが出来ます。
Googleアドセンスの特徴は「クリック報酬型」というところです。
通常、ほとんどのアフィリエイト広告は、ユーザーがその広告からアクセスして購入に至ったら報酬が貰えるという「成果報酬型」です。

しかし、Googleアドセンスの場合は「クリックしただけで報酬が発生する」という特徴があります。
もちろん報酬単価は低い(1クリック20円くらい)のですが、報酬発生までのハードルが低いという特徴があります。

Googleアドセンスの広告をサイトに設置しておけば、アクセス数に応じてある程度の収入が見込めます
アフィリエイト広告の場合は、ユーザーに商品を購入してもらう為に記事内容を工夫する必要がありますが、Googleアドセンスではそれはありません。(逆にクリックを誘導するような内容は禁止されています。)

⚠️自分で広告をクリックすることは絶対にやめましょう。アカウント削除などの処分対象となります。

アクセス数さえあれば、ある程度の収入が見込めるのがGoogleアドセンスなのです。(おおよそ100PVあたり10〜30円くらい)
ですので、「自分はアフィリエイトはしたくない。」という人でもGoogleアドセンスを設置しておけば、広告収入が得られるのです。

しかし、Googleアドセンスを設置するにはサイト審査に合格する必要があります。
この審査がなかなか厳しい審査で、ブログを始めたばかりの人にとっては最初の難関と言えるでしょう。
審査は年々厳しくなっていますので、ネット上にある「合格のコツ情報」は新しい情報を得るように気をつけましょう。
古い情報は役に立ちません。

私も7回落ちて、8回目でようやく受かったという経緯がありました・・・。
Googleアドセンス合格までの経緯はこちら→>>2016年8月Googleアドセンスの審査が厳しくなっている?

広告

・アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のサイトに貼ったアフィリエイト広告経由で、購入が成立した場合に手数料が発生するというシステムです。
「話題の〇〇を使ってみた感想」などの記事は、だいたい商品リンクが貼ってあります。あれがアフィリエイト広告リンクです。

Googleアドセンスと違って購入しないと手数料が発生しないので、報酬発生までのハードルが高いのですが、手数料が高いものだとかなり高額の収益を得ることも出来ます。
(手数料は商品によって違いますが、単価1万円以上の物もあります。上級アフィリエイターは月に何百万も稼ぎます。)

アフィリエイトでユーザーに購入まで至らせるには記事内容が重要となります。
ユーザーが購入までしたくなるような記事内容にしなければいけませんので、そういった面の工夫が求められます。
(故に商売っ気が強い内容になる可能性があり、それを嫌うユーザーもいます。)

アフィリエイト広告リンクを貼るには「アフィリエイトASP」と呼ばれる、アフィリエイト広告業者に登録する必要があります。
アフィリエイトASPは沢山ありますが、一部紹介しておきます。

・A8.net
・amazonアソシエイト
・楽天アフィリエイト

1つずつ見ていきましょう。

A8.net

A8.netは最大手のアフィリエイトASP。
登録審査はなく簡単に登録できる。(広告によっては審査がありますが、A8.net自体の登録は審査なし。)
初心者から上級者まで使用する王道アフィリエイトASP。

amazonアソシエイト

amazonの商品でアフィリエイトリンクを貼ることが出来るシステム。
膨大な商品数なので、あらゆる商材を扱える手数料が安いのがデメリット。
また、審査はGoogleアドセンス同様かなり厳しいものとなっている。

楽天アフィリエイト

楽天市場の商品でアフィリエイトリンクを貼ることが出来るシステム。
amazon同様商品数が多いが、こちらも手数料が安い
amazonアソシエイトとセットでリンクを貼られることが多い。
審査なしで登録できるのが魅力。

↓よく見るamazonアソシエイトと楽天アフィリエイトがセットになったリンク。「カエレバ」というリンクシステムです。(画像なのでクリックできません。)
説明

アマゾンと楽天は商品数が多いので、あらゆるサイトでアフィリエイトリンクを見る事があります。
「〇〇使ってみた」や「おすすめの〇〇はこれ」系の記事はだいたい両者のアフィリエイトリンクが貼ってあります。

しかし、手数料が安いので高額の稼ぎにはなりません
少額をコツコツ稼ぐというイメージです。
ですが、あらゆる商品でアフィリエイトを行うことが出来るので、商売感をあまり出さずに行うことができます。

A8.netなどのASPは商材は限られますが、報酬単価が高いものを選ぶことが出来ます
良くあるのが、クレジットカードや美容系、保険や悩み系などです。
これらの商品を扱うと、どうしても怪しい感じが出てしまうので、内容によってはブログで取り扱うのに注意が必要となります。
ただ、当たれば大きいので、上手く記事を書いていくと高額報酬も見えてきます。

・コンテンツ販売

3つ目の収益化の方法はコンテンツ販売です。
コンテンツ販売とは、自分が提供する商品やサービスをユーザーに買ってもらうことです。

自分が提供できるコンテンツがないと出来ませんし、3つの中で最もハードルが高い方法と言えます。
しかし、「最終的にはコンテンツ販売を目指す」ことが大事であると私は考えています。

なぜなら、広告収入やアフィリエイト収入はシステム頼りの面が大きいからです。
今でこそ当たり前の方法となっていますが、長い目で見ると新しい方法ですし今後どうなっていくかは分からない面があります。

もちろん、5年10年では大きく変わらないでしょうが、20〜30年も経てば全く違うシステムが出来上がっているかもしれません。
しかし、コンテンツ販売は「ネット上で行う商品やサービスの販売」です。

昔から行われている当たり前の商売をネット上でしているだけなので、システム変化に踊らされる危険性も低くなります。
その為には、ブログを使って自らの信用と信頼を高め、ファンを作っていく必要があります

優良なサイトを作っていけば、段々とファンが付いてきます。
「この人が提供するコンテンツだったら、お金を払ってでも欲しいな。」と思ってもらえるようなサイト作りが必要です。

サイトを評価してもらうということは「あなた自身」を評価してもらうことです。
あなた自身が評価されれば、検索順位やシステムに振り回されることはありません。
今は何も提供できるものが無くても、ゆくゆくはそこを目指していくことをおすすめします。

信頼

3つの方法の組み合わせ方

それでは、以上の3つの収益化方法をどのように組み合わせていけばいいでしょうか。
いくつかパターンを上げてみましょう。

スタンダードモデル

Googleアドセンスは貼って、アクセス増加による収益を目指す。

アフィリエイト広告を増やしていき、収益効率を上げていく。

コンテンツ販売を目指し、ファンを増やしていく。

スタンダードな形としては、アドセンスとアフィリエイトを並行して行いながら収益化を図っていきます。
アクセス数を増やしながら、収益効率を上げていく工夫が必要です。
同時にユーザーからの信頼を集めるよう努力し、ゆくゆくはコンテンツ販売につなげていく方法です。
具体的な例で見てみましょう。

具体例

腕時計をテーマにしたブログを作ったとします。

腕時計に関するあらゆる情報を扱った記事を量産していき、アクセス数を増やしていきます。腕時計に関するサイトとしての評価を上げていきます。

具体的な腕時計商品を紹介した記事を書いて、アフィリエイトリンクから買ってもらう工夫をします。

ユーザーからの信頼を得られたら、腕時計の選び方マニュアルや、選び方講座、はたまた自己プロデュース腕時計等を販売して収益化していきます。

最終的には「腕時計といえばこのサイト。腕時計と言えばこの人。」と言われるようになれば理想的です。

コンテンツ販売重視モデル

最初からコンテンツ販売を重視するのであれば、広告は一切貼らないようにしましょう。
本来、ユーザーにとってみれば広告は邪魔な存在です。
また、アファイリエイトリンクはSEO的に見ればそれほど好ましいものではありませんので、貼らない方が検索上位に上がってくる可能性は高くなります。

広告収入とアフィリエイト収入が必要なければ貼らないに越した事はありません。

具体例

ビジネスノウハウのサイトを作ったとします。

広告とアフィリエイトは一切貼らずに、ノウハウ記事を量産してアクセスを増やしていきます。

無料メルマガ登録などで「特別な情報」を提供します。

メルマガなどで定期的なアプローチを行い、有料コンテンツの購入を促します。

メルマガ以外にもセミナーやe-book、動画などで有料及び無料サービスを提供して顧客獲得を目指します。

「この人に任せておけば大丈夫!」と思ってもらえるよう、信用獲得に集中しましょう。

アドセンスオンリーモデル

あなたがもしある程度知名度があって、宣伝を主目的としているならアドセンスのみの収益化が良いでしょう。
また、飲食店の宣伝などで使っている場合もアドセンスのみがよいです。

宣伝のついでに広告収入も得ておこう」というぐらいで丁度いいです。
下手にアフィリエイトなどで収入を得ようとすると、信用を失う可能性があります。
広告はアドセンスぐらいでよいでしょう。

無料ブログですと広告収入はブログサービス提供会社に入ります。
広告収入を得たい場合は無料ブログを使うのは止めておきましょう。

具体例

飲食店の宣伝で使ったとします。

飲食店紹介のウェブサイトにブログコーナーを作ります。

食に関するあらゆる記事を書いてアクセス数を増やします。

メインの目的は店の宣伝ですが、アクセス数が多ければアドセンス収入も期待できます。

無料ブログにした方がいいか、アドセンス収入とレンタルサーバー費の収支とどちらがプラスになるかを考えて、ウェブサイトを作るといいでしょう。

アフィリエイトメインモデル

とにかく、アフィリエイトで稼ぎたいという場合です。
アドセンス広告を貼っていても良いですが、余計な広告にユーザーが流れるのを防ぐためにも、アフィリエイト広告のみ表示した方が良いでしょう。
また、アドセンスは審査時にアフィリエイト広告が貼ってあると審査に通りません。
アフィリエイトメインならアドセンスは無くて良いでしょう
(審査通過後のアフィリエイトは大丈夫です。)

アフィリエイトサイトには「大規模アフィリエイト」「ペラサイト」「amazon型アフィリエイト」等、様々なスタイルがあります。
深い世界ですので、詳しくはまた別途解説したいと思います。

具体例

財布のアフィリエイトサイトを作るとします。

財布に関するアフィリエイトページを量産していきます。

リンクを貼ってない情報ページも量産していくことで、アクセス数を増やしていきます。

ネットユーザーの警戒心は年々高まっています。商売っ気が出すぎると良くない傾向にあります。

まとめ

今回はブログで稼ぐ方法を3つ説明しました。
・広告収入(Googleアドセンス)
・アフィリエイト
・コンテンツ販売

ブログではこの3つを上手く活用していくことで、効率よく収益化していくことが出来ます。
いきなり上手くやることは難しいですが、チャレンジと反省と修正を繰り返しながらやっていけば徐々にコツが分かっていくはずです。
お読みいただきありがとうございました。

初心者がブログで稼ぐ為の記事作成方法を時系列でまとめました⬇︎

稼ぐブログの書き方。[開設〜半年編]
ブログを収益化するためには、どのように記事を書いたりサイトを作り上げていけばいいのでしょうか。「ブログで稼いでみたいけど、やり方がさっぱり分からない」そんな初心者の方の為にブログを開設してから、約半年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-収益化

Copyright© ネットニュースストリート , 2018 All Rights Reserved.